カンクン基本情報 | オプショナルツアー、ホテル予約サイト トラベルファクトリージャパン

カンクン基本情報

国情報
メキシコ合衆国 United Mexican States
首都:メキシコシティ
人口:1億960万人(2008年)
宗教:カトリック

時差

日本との時差は15時間(14時間)ですので現地時間に3時間(2時間)足して昼と夜を逆にして下さい。
(例:夜7時(8時)は日本の朝10時)※カッコ内の数字は夏時間採用時
マイアミ・ニューヨーク・ラスベガス等の各都市との時差もございます。
また、ホテルや街中の時計には誤差がある事が多いです。その都度、合わせ直す必要はございません。

気候

雨期のメキシコは、通常夕方に1~2時間程度の強い雨が降ります。9月に入ってからは、時々朝から激しい雨が降り、海岸線ではハリケーンが到来する季節となっております。天候次第ですが概ね日中は暑く、半袖でも問題ありませんが、天候の変化で急に気温が下がることも多いので、朝晩だけでなく、羽織るもの(ウインドブレーカー等)や雨具を用意すると良いです。

通貨

メキシコの公用の通貨はペソで、1米ドルに対して約12~13ペソとなりますが、両替所・お店によって異なりますので、両替の度にご確認下さい。また、カンクンではほとんどのお店で米ドルが使用可能になりますので、多額のペソに両替なさる必要はございません。ただし、米ドルでお支払いた場合のお釣りはペソとなります。

★通貨
ペソ(1ペソ=100センタボ)<2011年1月現在> 1ペソ=約6.69円

チップ

メキシコにはアメリカと同じくチップの習慣がございます。通常、レストラン(ファーストフード以外)では合計金額の10%~15%が目安となります。一般的にはお食事の後、ウエイターに伝票を席に持って来てもらい(CHECK PLEASEとお伝え下さい)内容をご確認後、合計金額にチップを上乗せし、テーブルの上に伝票と一緒に置いておきます。ホテルのベッドメイクには1泊1部屋あたり2米ドル(20ペソ)程度、ポーターへは荷物1つにつき1ドル程度。ルームサービスや特別なサービスを受けた場合にもチップが必要となります。尚、タクシーや路線バス等の利用に際してはチップは必要ございません。

両替

両替が出来る場所:銀行、主要ホテル、両替所など。

言葉

メキシコでの公用語はスペイン語となりますが、カンクンでは英語の普及率が非常に高く特にホテルゾーンでは英語での会話にも支障はございません。しかし、せっかくですから少しスペイン語を覚えておくと便利でしょう。

飲料水・食事

ホテル内のお水は浄水されておりますが、飲料水としては水道水ではなく市販のミネラルウォーターのご購入をお薦めします。お食事の際は、生野菜や生肉を避けなるべく火の良く通った物を食べるようにすると良いでしょう。屋台や、不衛生そうなお店での飲食はお避け下さい。万一、下痢や吐き気、高熱といった症状にかかられた方は無理をせず早目に医師の診断をお受け下さい。(夜間診療は医師の到着までに非常に時間を要します。早目の対処を!!)

交通手段

カンクンには鉄道が通っていない為、移動手段は全て車になります。便利な交通手段としてバスとタクシーがございます。

【バス】
ホテルゾーンとダウンタウンを結び24時間運行で、一人8.5ペソの均一料金を乗る毎に運転手に手渡します。ご利用の際は、お釣りの無いように出来るだけペソの小銭をご用意されていると良いでしょう。乗下車は約300メートル毎にあるバス停からとなりますがバス停に名前や目印はなく非常に分かりづらいのでご乗車の際に運転手に行き先を告げておくと良いでしょう。
【タクシー】
メーターを使わず公定料金を目安としますので必ず乗車前にご確認下さい。ホテルに待機しているタクシーをご利用の際はホテルのドアマンに料金をご確認下さい。流しのタクシーを止めて料金を確認した際、法外な料金であれば場合は乗車拒否をしても結構です。交通事故が非常に多く、メキシコ人の運転マナーは大変悪いです!!レンタカー・レンタルバイク・自転車などは非常に危険ですのでなるべくご利用を避け、バスやタクシーのご利用を強くお勧めします。

ページトップへ